So-net無料ブログ作成
検索選択

『MYLO XYLOTO』/COLDPLAY [CD(とか、音楽関係)]






1曲目のMylo XylotoからHurts Like Heavenに移る流れがたまらなく良いです。
この2曲目のHurts Like Heaven、どうしても“そこそこ”って聴こえてしまう。so-soってこと?somewhat?「そこそこ」でなく、「かなり」好きです〜。
Paradiseも、静かでいい感じ。低めの声が(それでも充分高いけど)♡に直撃って感じですね。もう、コーラスっぽい感じが入るとことか、最高すぎ。
Charlie Brownも、文句無しにいいし。もう、イントロから良すぎでしょ?Liveのボーナストラックもいいです。むしろライヴの方がいいかも?
Every Teardrop Is A Waterfallもライヴ音源が入ってますが、すごくいい。
リアーナが参加してる曲があるのですが、なんか・・・負けてません?彼女の声に(笑)それは仕方ないか〜。(この曲だけiTunesが別物扱いするので、困ります)
Don't Let It Break Your Heart、これがまたいいんだよ〜。
Up With The Birdsもクリアな声が心地いいし。

ほんと、もうね、いちいちメロディーラインが私の涙腺を刺激して・・・イントロだけでもじわわ〜っと(笑)


今日は「あかりの日」 なんですって [戯言]

今日は「あかり」の日ですって。あらあら〜

は…はひっ? Σ( ̄口 ̄*)
って、その灯里じゃないですね。はい。ごめんなさい。

街を歩いてたら、「電球入ってるよ〜」と、おじちゃんに半ば強引に袋を手渡されました。
確かに、中にはトーシバのネオボール60W電球色が一個入ってましたよ〜♪
なんだかラッキ〜♪
「あかりの日」について詳しくはこちらへ・・・
http://www.akarinohi.jp/

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サイドスワイプ君 [戯言]

ただ絵がかかれているだけです。


続きを見る?


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ファイナル・デッドブリッジ [映画 [2011]]

出演:ニコラス・ダゴスト、エマ・ベル、マイルズ・フィッシャー、トニー・トッド他
監督:スティーヴン・クエイル
原題:FINAL DESTINATION 5
製作年:2011年
製作国:アメリカ
ジャンル:ホラー R18+

ご存知、逃れられたかと思った『死』から、執拗に追いかけられるシリーズの第5弾。続いてるな〜

最近、恋人と自分の夢の間で心が揺れているサムは、勤める会社の研修旅行に複雑な気持ちで参加する。もちろんそれには恋人も参加していたのだ。
やがて彼らが乗るバスは、工事中の大きな吊り橋にさしかかる。
工事中のため、所々に穴が開き、遥か下方に水面が見えていた。その様子をバスの座席から怖々と覗いていたサム。が、突然橋が崩壊を始めたのだっ!!急いでバスを降り逃げる彼らだったが、崩壊のスピードは凄まじく、容易に彼らを吞み込んでいく。目の前で次から次に凄惨な死に方を遂げる仲間たち。そして自分の命も・・・・と思った瞬間、サムは目覚める。
あまりにも現実味を帯びすぎた夢をなぞるように、物事が動いてゆく。彼の小さな怪我、ラジオから急に流れ出す音楽、モニタに映る数字・・・・・
彼はパニックになり、後ろの座席に座っていた恋人の手を取り、一目散に逃げ出した。
何事かわからずに、彼を連れ戻そうと追ってくる仲間達。そして夢のとおりに橋が崩壊し始める・・・

 **************************************

オープニングからしてヤバいもん。めっちゃくちゃ怖い。3Dだから飛び出すし。

以下、ネタばれしてますよ。

サムが予知夢でみた順番どおりに死んで行くわけですが・・・予知夢の時点でもうすごいですから。偶然下を通りかかったヨットのマストに突き刺さるとか、建築資材のパイプみたいなのが身体中に突き刺さるとか、波板?みたいなもので真っ二つとか。

偶然のもって行き方が巧いのですよ。実際に起こる事柄も、偶然の連なりですからね。
しかも、これは絶対いやだな〜〜〜と思う死に方を、毎回。

とにかく、レーシックの場面とか目を逸らしたい場面は多かったのですが、全シーンを視ずしてホラーを観たとは言えないと思い、頑張って観ました〜。もう、心臓がバクバクいっちゃって(笑)
必死にピーター助けてピーター助けてと呪文のように・・・(笑)(あ、この作品中のピーター@5倍に薄めたトムクルーズじゃないです。念のため)

これの前に観たのがけっこう緩いホラーだったためか、これは心身にきました〜。
直視に耐えかねる死に様の連続攻撃・・・
レーシックは受けなくてもいいかな〜とか、ほら、何も視えないわけじゃぁないし、裸眼で充分だし、だいじょーぶかな〜って。
あと、針治療も断固拒否かな〜とか。もうビビりまくりですよ。

謎の死神?ブラッドワースを演じるトニー・トッドさん。あれ?どこかで見た名前・・・と思いきや、彼はトランスフォーマー/リベンジでザ・フォールン様を演じられてた方じゃぁありませんか〜。セリフがあまり多くなかったので覚えてませんが(笑)謎な雰囲気がとても似合ってて良かったです。
予知夢では生き残るはずだったモリーは、『フローズン』の方だったんですね〜。あれも信じられない位『胃』にキタけどね。あの骨折のシーンが脳裏に・・・とか思ってたら、今回のキャンディスのウルトラC級(古っ)骨折に塗り替えられたけど(笑)


そこかしこに散りばめられている『死』を形作る切片たち。どんな些細なことも、重なれば大きな渦となり運命を飲込む・・・回収されきらない『フリ』もありましたが、ほぼ全てが綺麗なピースとなり『死』を描いてゆくのです。それはもう、見事なほどに。
そして、物語は1作目へと繋がってゆくのです。・・・もう続きは作らないのかなぁ?

とにかく、心臓に自信のある方は、観てください。3Dでっ!!
あぁ、エンディングで今までの死に様サービス映像集が流れるのですが・・・これがまた・・・

nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター [映画 [2011]]

出演:ダミアン・ウォルシュ=ハウリング、ゾー・ネイラー、ガイトン・グラントリー、ホオジロザメ他
監督:アンドリュー・トラウキ
原題:THE REEF
製作年:2010年
製作国:オーストラリア
ジャンル:ホラー/サスペンス

海洋パニックホラー?
船に乗ってとっておきのスポットに繰り出した4人組+αが遭遇する恐怖・・・実話をベースに作られているようです。

海洋レジャーの盛んなオーストラリアに住むルークは、はるばるロンドンからやってきた旧知の親友カップル&親友の妹(過去に何か有り)をもてなす為に、他の人に邪魔される事なく存分に遊べる秘密の穴場ポイントへ彼らを案内する。
そこは、素敵な(?)無人島だった。ヨットに曳航させてきたゴムボートに乗り移り、早速上陸する彼等。シュノーケルで素潜りしたりなんだりかんだりで、バカンスを楽しむ。
が、いい雰囲気になりかけたその時・・・沖に停泊しているヨットに残っていた船員からSOSが・・・

 ****************************************

思い切りネタばらしてます。
えーっと・・・・題名からもわかるとおり、駄作です。駄作。
オープニングの海の映像なんて、いったいいつの時代の映像?ってな出来映えで(笑)

しかもこれ、オープンウォーターの続編でもないのに、勝手に(それとも了承済み?)副題付けちゃってますが・・・・・大丈夫なんでしょうかねぇ?まぁ話のスジ的にも同じものではあるのですが・・・

それにしても、公式サイトのプロダクションノートの泣き言っぷりが笑えます。
・・・っていうか、『その海、サメだらけ!』とか煽っておきながら、サメ1匹を使い回してるじゃないのさー。しかも、同じショットを何度も(笑)緊迫感に欠けるんですが(笑)
更に俳優(って呼んじゃっていいの?)の演技が緊迫感の無さに拍車をかけて・・・(笑)
しかも、公開の季節が何となく(いや、思い切り)ズレてるし。(他の地域では夏公開したみたいですね)
予告編に出てきた大漁じゃなかった大量のサメの様なものも、よく見たらマグロの群れだったし。
キャストの欄にプリティなホオジロザメの横顔載せちゃってるしっ!!
もう・・・ツッコミどころ満載の、素敵な三流作品でっす!!
DVDレンタルで充分かな〜って感じでっす!!(もうヤケになってます)


この監督の大成功作、『ブラック・ウォーター』(人喰いワニパニック)、観なくても分かる気がしますが、恐いもの見たさで観てみたい・・・

笑撃の作品サイトはこちら。(あれ?飛ばないかも・・・)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

チェンジ [戯言]

叶わぬ恋に身をやつす今日この頃、思い切って髪型を変えてみましたぁ〜♪

本当はマルコ(シモンチェリ)みたいなのにしたかったのにぃっ!! ↓これねこれ。

Marco_Simoncelli_2009_Valencia.jpg

だけど・・・出来上がったら、ただの一般的なバッハでしたー。(←これ、ツボでした(笑 )
どうなってるんだよぉーーー。
寝癖でやっつけるしかないのか?????


nice!(3)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。