So-net無料ブログ作成

『THE RECKONING』/ NEEDTOBREATHE [CD(とか、音楽関係)]





NEEDTOBREATHE (ニードトゥブリーズ)の4枚目のアルバムです。

彼ら、日本盤は出してないみたいですね。
なので、詳細が全然わからないのですが、4人組のイケメンです(笑)
メンバーは、ベア・ラインハート(ヴォーカル&ギター)とボー・ラインハート(ギター)の兄弟が中心となって、セス・ボルト(ベース)、ジョー・スティルウェル(ドラム)の4人ですね。名前の読み方とか、間違ってるかもしれませんねぇ。ベアがヴォーカルかな?って以外は、それぞれ何のパートなのかわからないです。オフィシャルを読めば分かるのかもしれませんが、みっちり英語なんだもん。

とにかく!!!!!!!!!!捨て曲が1曲もないっ!!!そんなアルバムですよ。
正統派ロックなのかしら?パワフルな歌声と、無駄の無いバック、時々挿入される印象的なギターやピアノなど。これはハートに響きまくりです。

ブルース・スプリングスティーンから、男臭さと押しの強さを差し引いたような感じ?とてつもなくセクシーな甘いハスキーヴォイスが琴線に触れまくりです。
もうね、7曲目のAbleが、めっちゃくちゃ沁みまくりなんです。弱ってる♡に直撃ダゾ☆って感じ。

nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事! [映画 [2011]]

出演:ウィル・フェレル、マーク・ウォールバーグ、エヴァ・メンデス、マイケル・キートン他
監督:アダム・マッケイ
原題:THE OTHER GUYS
製作年:2010年
製作国:アメリカ
ジャンル:コメディ/アクション

俺たち・・・、シリーズ。
地味なアザー・ガイズ(その他大勢)コンビの刑事が、ヒーロー刑事亡き後のNYPDで、頂点に立つまでを描く・・・映画ではない。かな?

ニューヨークの町は安全だった。そう、スーパー刑事ハイスミス&ダンソンが町を守ってくれていたから。・・・でも、彼らを捜査中のアクシデント(笑)で亡くした今、ニューヨークの町は危険がいっぱい。
水面下で、金融業界を始めNYPDまでをも巻き込んだ、一大詐欺事件が進行していたのだ。が、勿論誰もそれに気づいてはいない。

それに挑むは、署内きってのダメダメコンビ、テリーとアレン。常にハイスミス&ダンソンの事務処理仕事を押し付けられ、その他大勢の同僚達からも軽んじられている彼ら。
彼らが、誰も予想もしない違う方面からのアプローチで敵に近づき、彼ら自身さえも想像していなかった巨大な陰謀に巻き込まれて・・・・・


 **************************************
ネタばれしてても誰も気にしないと思うので、以下存分にバラしてます!というか、もう上映終わってます!!!始まったばかりじゃないの??

ロック様には、こうゆうおバカ系の作品がピッタリなんだよね〜。もう最高っ!!
ストーリーは、彼らが(軽犯罪者相手に)ド派手なカーチェイス&銃撃戦で追いつめるシーンから始まるのですが、もう・・・最高すぎです。相棒役は、あのサミュエル・L・ジャクソンですよ〜。もう、二人ともノリノリで(笑)悪ノリしすぎでしょ〜。
しかも、二人とも墜落死しちゃうし。スーパーデカだから、きっとあの高さから飛び降りても何か秘策というか秘密兵器が出てくるんだよねぇ?とか思ってたら、もうあっさりと。万有引力だよ。
この二人でスピンオフ、希望です☆(もう死んでるケドな)

被害者のようでいて被害者ではない社長を演ずるは、スティーヴ・クーガン。めちゃくちゃ声がいい、(しかも)イケメンです。ナイトミュージアムでローマの皇帝?みたいなのを演じてた方ですね。
そして、刑事達の上司を演じるのは、マイケル・キートン!!もう渋すぎっ・・・
アレン&テリーに立ちはだかる敵側ボディーガード役を演じたのは、レイ・スティーヴンソン。パニッシャーだよぉぉぉぉ!!!・・・かっこいい・・・
ジーターが出てたのですが・・・あれ本物?ヤジの『ジーターを撃つならA・ロッドを撃てよ!』が笑えた。

とにかく、モテそうにもないアレン(ウィル・フェレル)が超モテモテなのが可笑しくて。奥さんはエヴァ・メンデスだし!

アメリカの経済問題にもっと詳しかったら、もっと楽しめたのでしょうね。エンドクレジットでは、そこらへんのうんちくというか揶揄というかが流れてたし。

最後まで一貫して楽しめるかといったら、途中で盛り上がりの山がちょこちょこあるために、反面ちょっと中だるみを感ずる所もあるんですが、まぁ笑えて気分がスッキリとするので、おすすめです。
それにしても、プリウスって妙にネタにされますよね??(笑)

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ [DVD]

出演:ニック・モラン、ジェイソン・ステイサム、ジェイソン・フレミング、デクスター・フレッチャー、スティング 他
監督:ガイ・リッチー
原題:LOCK,STOCK AND TWO SMOKING BARRELS
製作年:1997年
製作国:イギリス
ジャンル:犯罪

いかさま無しで大勝負に挑んだ4人組の若者が、罠にかけられ勝負に大敗し、莫大な借金を負わされてしまう。
返済期日は1週間後。切羽詰まった彼らの練ったイノセンスな犯罪計画が、町を牛耳るボス・大物ドラッグディーラー・素人ドラッグ密造人・連続強盗団の隣人を巻き込んで、動き出す。
彼らは果たして借金を返すことができるのか?
出来なければ指を切断された上に親父のパブまで乗っ取られてしまう。
彼らは無謀なかけにすべてをかけるが・・・・・






血迷ったような動きを見せる現金入りボストンバッグが面白かったです。あと、マスケット銃?の動きも。一つのとんでもない計画が、何組もの運命を翻弄し、そしてその彼らは金と銃に弄ばれる。その動きに淀みは無いし、まとまる所へ話が落ち着いていて、この回収のされ方は観ていてとても気持ちがよいです。
画面の切り方つなげ方が巧いんだよ。
はっきりとシーンで語られるわけではない小ネタの回収も、好きです。

もう彼らの行く先々が死体だらけなのですが、その持って行くタイミングがとても良いんですね〜。ちょっとでもズレたらテンポが台無しになってしまう、そのギリギリのタイミングをキープし続けます。


で、結局彼らは一人頭2万5000ポンド損したままなのでしょうか??
最後にマスケット銃を捌けたのかな??

結局クリスの一人勝ち??(笑)

ジェイソン・ステイサム兄さん、若いです。これがデビュー作らしいですね。でも、今と全然変わってません。なんか同じです。
トム役のジェイソン・フレミングがこれまた良くて。あの深みのあるハンサム・フェイス、素敵です。
父親役でスティングが出演しているのですが、これまた彼が渋くて・・・・かっこ良いのです。

スティングの曲は使われなかったのかな??攻撃的な容姿に似合わず素敵に沁みる歌声、好きなんですけどね〜。なんか彼ってシャイっぽいから、丁重にご辞退したのかしら??
エディが勝負に負けちゃった時にかかってた曲も好きなんですが(The StoogesのI Wanna Be Youe Dog)、オープニングの曲とかすっごい好きなんですよね。やっぱりサントラ、購入すべきかなぁ??


これ、リバイバル上映で観ました〜。行動範囲内のとある映画館が今月いっぱいで閉館になるため、その劇場おすすめの作品を、何作かチョイスして週代わりで上映されているのですが、なかなか素敵なチョイスで。





ロック、ストック&ツー・スモーキング・バレルズ [DVD]

ロック、ストック&ツー・スモーキング・バレルズ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • メディア: DVD


ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ オリジナル・サウンドトラック

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル インターナショナル
  • 発売日: 2002/10/23
  • メディア: CD

収録の数曲は個別で持ってましたが、やはりサントラを買うべきか??ってことで、購入〜。
イギリス映画って、音楽のセンスが飛び抜けて良いよね〜〜♪




nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。