So-net無料ブログ作成
検索選択

THE DARK KNIGHT RISES [映画【2012】]


出演:クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、アン・ハサウェイ、トム・ハーディー他
監督:クリストファー・ノーラン
原題:THE DARK KNIGHT RISES
制作年:2012年
制作国:アメリカ
ジャンル:アクション/サスペンス/犯罪

伝説が、壮絶に、終わる。



前作から8年後が舞台です。
自らを悪に貶めてまでゴッサムシティの行く末を光の騎士に託したバットマン。
その甲斐あって、ゴッサムシティはデント法に守られて悪の繁栄からはほど遠い都市となっていた。
法が施行されて以来捕まえた悪人の数は1000人を下らない。
ということで、出番の無くなってしまったブルースは、生き甲斐を無くしまるで抜け殻のように、戦いで傷ついた身体を癒す事無く無気力に隠遁生活を続けていた。
そんな彼の前に、彼を挑発するがごとく現れた、猫のようにすばしっこい女泥棒。彼女はブルースの金庫から、まんまと彼の母親のパールのネックレスを奪うことに成功する。が、狙いは別の所にあった。
真の狙いは気になるものの、ブルースは泥棒の正体に興味を惹かれる。

時を同じくして、ゴッサムシティの地下深くでは、不穏なプロジェクトが静々と進んでいた。
犯罪の匂いをいち早く嗅ぎ付けたゴードン本部長だったが、あっけなく敵に捉えられてしまい命からがら逃げ出してくるが、瀕死の重傷を負ってしまう。

やる気みなぎる新任の刑事であるブレイク刑事から、ゴードンの窮地を告げられたブルースは、再びゴッサムを守る為に戦うことを胸に誓い、治療とトレーニングに精を出しはじめる。
が、自らの命までをも犠牲にしようとするブルースに、彼の命を心配しすぎる傾向のあるアルフレッドは耐えてお仕えすることが出来なくなってしまい、ついに禁断の真実を口にしてしまい、結果ブルースの怒りをかい解雇されてしまう。
そして、彼の足下から全てをひっくり返すような事件が、今まさに起きようとしていた……………



以下、ネタバレ感想です。未見の方は…って、もう皆観てるか??(笑)



もうもう、とにかくてんこ盛り。盛りすぎ(笑)
ってか、これって賛否両論なの??
私はとても面白いと思ったし、よく纏めあげたな〜って感心したし、評価高めですね〜。ツッコミどころは満載ですけどね(笑)

前作で、個人的になんというかハービー・デントの印象が薄かったので、話しが続いててちょっと戸惑いました(笑)
ってか、続いてて当たり前なんですけど(笑)
でもさ、前作と言ったら断然ジョーカーだし、ついでにフェリーの乗客は良い人達だったし、おまけにサービス出演のクレインだし。印象が軽すぎましたよね?デント氏。確かにトゥーフェイスでがんばってたんだけどさ〜〜。ジョーカーのナース・コスプレがインパクト強すぎて、彼の素敵な特殊メイクもかすんでしまった(笑)


今回の物語の全般を支配する絶望的なまでもの遺失感。ブルースの心とリンクしてるのかな??
(私は、アルフレッドとリンクしちゃってて困りましたよ〜〜。だって、彼ったら常に涙目だし。)
その遺失感が終盤になって一気にひっくり返るのが気持ちよかった〜〜〜。
ハンス・ジマーもきっちりと仕事をこなしてたし。涙腺刺激するなよぉぉぉ!!
……ってか、リッチな引き蘢り(しかも、ブルースって仕事…してました??億万長者が職業なのか??)だよね。


ゴッサムシティ、どんだけうるさい街なんだ??地下であれだけ大掛かりな工事がされてたら、一人や二人くらい不審に思う人って出てこないものなのかな??あそこの市民はデント法に守られてると安心しきってしまって、危機管理能力が著しく低下してしまったのかな??ってか、フォックス………自分のお気に入りの武器庫がヤバいってのに気づかないなんて、なんて能天気な(笑)

先行上映で観た時には流れなかったのですが、初日プレに惹かれて観に行った時の上映前にBMWの二輪のCMが流れてたんですが、あの証券取引場からの脱出の際の二輪は、全てBMW提供によるものだったのでしょうか??なるべくバイクそのものには傷をつけぬように捕まえてましたよね??エンジン自動停止とか、それなりのスピード出てるのにバイクは無傷で犯人だけが無事じゃないとか(笑)バイクにはとても優しい〜(笑)
M:i4では派手にぺしゃんこにされてたBMW車でしたが、あれはね、あんな事になってもウチの車は安全性高いよ〜ってアピールに繋がるから良かったんだろうけど、二輪でそれやっちゃったら死ぬからね(笑)


ロビ〜ン!!もう、出て来た段階でまる分かりなんですが、どこで正体が明かされるか??って引っ張って引っ張って……そこで来ますか〜な展開が良かったよ。
全てまとめてたし(笑)
ブルースの無事が分かる人には分かって、そして次へ繋がる伏線が張られて……
その流れはとても完璧で、畳み掛ける感じがとても良かったです。一気にもってきた〜〜って感じで。
自動操縦に気づいて、ロビンがロビンになって、バッドマンのマークがきれいに直されてて(笑)、そして運河の畔?のカッフェ〜で寂しくリキュールを啜るアルフレッドの視界にパーフェクトに収まるカップル……そしてその彼女の首元には真珠のネックレスが光る………この流れ、とても良いですよね〜〜♪

ロビン役のジョゼフ・ゴードン=レヴィット、最初観たときは、チャーミングな笑顔がまぶしくて素敵な人だわ〜って思ったのですが、その後この人の主演した『50/50』を観てしまいまして(笑)あららなことに(笑)

ベイン……アレってトムの素の声じゃぁないですよね??バッドマンと同じく変声器使ってますよね?だってもっと良い声してますもんね??
ベインは……それほど悪ではなかったですよね??彼は純粋にミランダ(タリア)の事が好きなだけだったんですよね??
彼、すっごいイケメンなのに、すっごい勿体無い使い方(笑)いくらマスクものに弱い私でも、あのヘッドギアの様なのはちょっと勘弁かな〜な感じですが。でも惹かれます(素がイケメンだからw)
『裏切りのサーカス』での演技が絶賛されてるみたいですが(金髪が似合わなすぎて、演技がどんなだったか忘れた)、そういえばあれでゲイリー・オールドマンと共演してましたね。

ゲイリー・オールドマンは、ちょっと………重度の被爆をされてないかがとても心配。
しかも、炉心溶融直前の核物質って、刺激に強いの??グラグラ揺れまくりの落ちまくりのぶつかりまくりだったのに、ちゃんと時間まで爆発しなかったし。1秒たりとも狂わぬカウントダウン??ベインすげぇ…
ってか、あれって時限装置だったってことかな??(どう見たってそうだよっ!!)

奈落?だっけ??の医者っぽい人。
ちょっとあなたったら英語しゃべれんじゃんっ!!どんだけツンデレなのさぁ(笑)
ってか、まだ起き上がれないブルースにお世話係のおじいさんが食べさせてた、薄いパリパリしたものが気になるんですけど〜。なんか美味しそうです。
しかも、どんなすごい悪人が収監されてるのかと思いきや、なんか穏やかそうな方々なんですけど??

セリーナ嬢の使用する、ゴーグルとかの小道具が全てネコ耳仕様になってたのが、拘りを感じられて良かったわ〜。
もう、アン・ハサウェイ、顔が小さくて瞳が大きいから、素の状態で猫系だもんね〜〜〜。ピッタリの配役でしたわ〜♪露出が少なくても充分エロさを振りまいてたし〜♪
もう、怖がってる演技から一瞬で素に戻る演技が素晴らしかったです〜〜♡もう、女の中のオ・ン・ナ♡惚れますって(笑)
アン・ハサウェイで思い出されるのはブロークバック…なんですがね〜。
ジェイク・ジレンホールの姉が前作(ダークナイト)でレイチェルを演じてたし、なんかね〜。
でも、そのジェイクって、ヒース・レジャーの娘の後見人?になってるみたいですね。なんかいいお話。

ミランダ………真相が分かってからみてみると、あの子供はどう見てもミランダだし、ラーズ…も奈落の人も一言も『子供=ベイン』だとは言ってなかったし、もっと注意深く観ていれば気づいたんですよね(笑)
彼女が、最後の大乱闘シーンを冷ややかに見下ろす横顔のショットが、これまたとっても女の中のオンナで良かったですわ〜〜♪
でも、彼女の最期の場面………一刻を争う状況なのに、ギャラリーが一人増え二人増え……皆大人しく最後まで彼女の話を聴いてあげてたシーンが律儀すぎて笑えた(笑)カウントダウン終わっちゃうよっっ!!

あと、奈落から這い上がった後からの展開、ゴードン達が死刑宣告を受けて刑を執行されてる場面からの繋がりがもう……ブルース、あんたはどんだけ自分が好きなんだよぉ!!な展開に笑いましたよ。
あとね、世界の果てといわれる場所から、一文無し状態のブルースさんがどのような交通手段を使ってゴッサムに帰られたのかも、ちょっと気になります(笑)だって、気を失った状態であそこに運ばれたんですよね??しかも、ゴッサムシティって外部からの侵入って不可能だったんじゃ………もしかして、破産する前に地下通路をこしらえてたとかかな??そうだよね?大富豪だったし。うん、そのセンで勝手に納得。
ってか、諸々の事を考えると、案外すぐに脱出してたんじゃないのか?って思うのですが(笑)

Dr.クレイン〜〜〜(笑)なんか役場の事務のおっちゃんみたいな出で立ちが妙に似合ってたよ。
冷酷になりきれないお茶目さんなんだから♪


自動操縦とっくの昔に直していたのに、そんなのついてないよと言ってのけるブルース。
それは、相手に期待させといてその後失望させたくないが為の愛情表現だったのでしょうか?
何に於いても『確約』なんていうのは無いんですもんね。
約束されなくても信じて繋がっていられる関係、とても羨ましいです。



弱ってるときのクリスチャン・ベールの演技がどうしてもマシニストに被っちゃって(笑)痩せ衰える演技は独擅場だもんね〜。
本当に全てを失ってしまったブルースが、何を拠り所にして復活するのか、死への恐怖心を持っていないことが最強だと思っていた彼の信念を変えたものは何なのか、自分の存在意義と理想の折り合いをどうつけるのか、言葉でもニュアンスでも表す事ができないのがもどかしいのですが、そこに今現在の自分自身の現状を重ね合わせ、色々と考えるきっかけになりましたよ〜。とか言って、まったく浅慮なんですけどね(笑)

闇の騎士さまは、這い上がったね!!


nice!(7)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。