So-net無料ブログ作成

『BATTLE BORN』/THE KILLERS [CD(とか、音楽関係)]


THE KILLERS、4年ぶり4作目のアルバムです。
初めて聴いた感じも良かったですが、聴き込む程に良さを増してゆくって感じでしょうか?


バトル・ボーン

バトル・ボーン

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル インターナショナル
  • 発売日: 2012/09/19
  • メディア: CD




キラーズって、泣かせるナンバーが多いですよねぇ。キッラキラでパワフル〜って感じなのに。
ブランドンののびやかな声が、もう壮大すぎて…。・゜・(ノД`)・゜・。
今作もそのラインは崩れてないので、安心して聴けます。もう大満足です。
もう、なんか泣ける泣ける。・゜・(ノД`)・゜・。
まっすぐに届くんですよね。
確かにおとなしめな曲が多いし、そういう構成にもなってるけど、彼ららしさが失われてるとかいうってのは無いです。

曲から曲への繋がりとか、すっごくいいんだ〜♪
歌詞がこれまた良いのですよ。なので、原語で理解が難しい人は、やっぱり日本盤で〜♪
ちょっとね、ボーナストラックがお得というか邪魔というか(笑)なんですけど。いいですよ〜〜♪
いや、決して邪魔ではないです。良いですよ。


収録曲
1.FLESH AND BONE
2.RUNAWAYS
3.THE WAY IT WAS
4.HERE WITH ME
5.A MATTER OF TIME
6.DEADLINES AND COMMITMENTS
7.MISS ATOMIC BOMB
8.THE RISING TIDE
9.HEART OF A GIRL
10.FROM HERE ON OUT
11.BE STILL
12.BATTLE BORN
*BONUS TRACKS
13.CARRY ME HOME
14.FLESH AND BONE(JACQUES LU CONT REMIX)
15.PRIZE FIGHTER
*EXCLUSIVE TRACKS
16.BE STILL(ALTERNATE VERSION)
17.RUNAWAYS(MICHEL REMIX)


RUNAWAYSのPV ↓ 






っていうか、HUMAN、泣けるよね~。
もうさ、そこがハードロックカフェであっても、それが流れた瞬間、涙目になるし(笑)
皆ノリノリでYMCAとかやってる中で、一人ブルー・・・(笑)


ちょっと ↑ これはブランドンの動きがファニーすぎるかも。



MUSEの新しいの、封さえ開けれてないよ……この時期に集中して発売されすぎ~~ε-(´∀`; )




今日のプリン

写真-7.JPG

ビールプリ〜ン♡

ギネスのキャラメルのような感じ??
上のカラメル部分が、生キャラメル風になってて、甘い。そしてほろ苦い。そして、ビールの味はほとんどしない(爆)



nice!(17)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『¡UNO!』/GREEN DAY [CD(とか、音楽関係)]

あぁ、もうパーフェクトっっ!!!!!


誰の作品であっても、新しいアルバムなどが出る時って、すっごくドキドキなんですけど(良くなかったらどうしよう?とか…ぇえぇえ、チキンですともっ!!)、もう……1曲目の出だしでそんな不安は吹っ飛んだわ。
もう、良いです。
それぞれの曲のポジションも良いし。
最後までが一気に繋がっていくので、早いんですよ〜。Oh Loveまでが。
あれ?収録時間そのものが短いのかな??(笑)
このアルバムのコンセプトは、パーティーの始まり?でしたっけ??パーティーに行く前の高揚感??
とにかく、ポップでパンクな、あぁグリーンデイだよね、って感じです。
だけど、確実に進歩している彼らなのですよ〜〜♪

もう、CARPE DIEMのリズムが頭から離れないよ〜。って他のもだけど。



ウノ!

ウノ!

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2012/09/26
  • メディア: CD


次回作、¡DOS!のインタビューで、“ラストは死んだエイミー・ワインハウスへのラヴレターなんだよ”、って言ってるのですが、その後に、『実はエイミーには一度も会ったことがないんだ。彼女の音楽を知ってるだけで、大ファンでもないんだ‥‥‥以下略』と言っておられるのですよ、ビリー……(笑)
出典:rockin'on 11月号


いやぁ、アルバムのアートワーク……強烈ですねぇ。んもぅ……ビリーったらお茶目なんだからっ☆
今現在、そのビリーはリハビリ中なんでしょうかね?
ゆっくり休養をとって、元気になってステージに戻ってくるのを待ちましょう〜。ってか、戻っても観れんけど。ってか、8月………サマソニだけじゃなくSHIBUYA-AXでライヴしてたのね………っく………

収録曲
1.NUCLEAR FAMILY
2.STAY THE NIGHT
3.CARPE DIEM
4.LET YOURSELF GO
5.KILL THE DJ
6.FELL FOR YOU
7.LOSS OF CONTROL
8.TROUBLEMAKER
9.ANGEL BLUE
10.SWEET 16
11.RUSTY JAMES
12.OH LOVE
13.LET YOURSELF GO (LIVE)

もう、どれもこれも良い。もうね、次回・次次回作が普通でも良いかもっ!!って思えるくらい、良いの。
いや、期待はしちゃってるんですけどね〜♪

その次回作『¡DOS!』からの1st.シングル『Stray Heart』が配信になりましたね〜。iTunesとかmoraで買えるのかな。すごく良いですよ〜〜〜。
『モータウン・サウンドを取り入れたグリーンデイの新境地ともいえる楽曲』
らしいですね。
うん。すごくいい。すごく聴きやすいよ〜♪



タグ:洋楽 Green Day
nice!(9)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アベンジャーズ [映画【2012】]

出演:ロバート・ダウニー Jr. 、クリス・エヴァンス、マーク・ラファロ、クリス・ヘムズワース、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー、トム・ヒドルストン、クラーク・グレッグ、コビー・スマルダーズ、ステラン・スカルスガルド、サミュエル・L.ジャクソン 他
監督:ジョス・ウェドン
原題:MARVEL'S THE AVENGERS
製作年:2012年
製作国:アメリカ
ジャンル:アクション/SF


地球に突如訪れてしまった危機に、ヒーロー達が力を合わせて立ち向かう物語。かな??

上の文だけで、このストーリーは表しきれていますよね。はい。
ってか、皆さんもう観てらっしゃるでしょうから、割愛させていただきます。
あ、そういえば『割愛』って誤用漢字でクローズアップされてましたね。
ここは本来の意味である『惜しいと思うものを、思い切って捨てたり手放したりすること。』という意味ってことで(笑)
あ、決して『省略する』って感じの意味じゃないですよ??(笑)





以下、存分にネタバレ含みます。
ってか、もう公開・・・終わってるよね??
レビューが後手後手にまわってるんだよねぇ……かっちり頑張らんとな。


なになになに~~予習無しでも大丈夫じゃん。充分楽しめますよ〜♪
私が実質ちゃんと観たのって、アイアンマンだけだったんです。しかも、1だけ。え??
マイティ・ソーはなぜか最後の20分しか観てないし、インクレディブル・ハルクは観てないし、キャプテン・アメリカも何故か見逃してしまった。
そんな状態だったのに、公開ギリギリになってしまったので、腹を括って未見のまま観賞。

物語のベースはソーのお話し。(だよね?)
それをトニー・スタークが当たり前のように主役を乗っ取っちゃって、だけど結果的には一番目立たないであろうと思われてた地味目なホーク・アイに何だかんだでおいしいとこ持って行かれてしまったって感じでしょうか?(全然ちっが~うっww)
いや、やっぱり全然目立ってはいなかったんだけどね?ホークアイ(笑)

不死身のハルクや、存在自体が反則気味のソー、最早マシーンじゃんっなアイアンマンはいいとして、地上で戦わなきゃいけない残りの3人が可哀想すぎるんですけど…なんか不利すぎません??

それはおいておいて、各登場人物紹介への繋ぎ方が良かったですね。無駄を最小限にしたというか、必要な部分も最小限にしてしまった感のある流れ。
ニック・フューリーが『兵士で勝つのです』と言い切ったところからの場面展開で、キャプテンにつなげるとことか、良かったよ。サンドバッグの予備の予備の予備の……には笑ったけど〜
ドイツでアイアンマンが登場するシーンも、ブラック・ウィドウの呆れ顔が良かったし、ソー登場への前フリも良かった〜。もう、ロキの顔の演技が良かったよ。テンポ良く繋がれてたよね。


ロバート・ダウニーJr.は、やっぱりかっこ良かったんですけどね♡まぁそれは当たり前だし。
でも…ちょい前のシャーロック・ホームズでの椅子にカムフラージュしてた姿が脳裏から離れてくれないんですけど。
『son of a bi*ch』というセリフがこんなにしっくりする人、他に居ないよね?

どう見ても野暮ったいなぁ…と思ってたソーが、それほどでもなかったのが意外。コスチュームと金髪が妙に合わないだけで、まぁ普通に素敵でしたね。でも、『CA$H』の時のヘタレな役柄が印象に強く残っちゃってて。

昔はかっこ良いと思ってたクリス・エヴァンスが、なんかフツーだった(笑)まぁね、確かにかっこ良いのですけどね、何というか仕方ないんだけど、コスチュームが可哀想でした〜。フィルの力作なんですけどね(涙)

コスチュームが可哀想つながりで、ジェレミー・レナー。うん、ノースリーブは可哀想すぎるよ、ねぇ。
彼は、M:i4の分析官ですね~。あの時は(トムが微妙すぎて)めっちゃかっこ良かったですけど、今回は…(笑)
スーツ着てたりしたら、かっこ良いのに。ってか、コスチュームだけでも可哀想なのに、最後に私服で出て来た時のサングラスもなんか似合わなすぎて可哀想だった。
(そんな曰く付き(勝手にw)なサングラスなのに、彼のHot Toysにはサングラスが付属されてるんですよね。なんのいじわる??)
あとね、弓をかまえる度にバチンってやるのが、とってもゲーム的というか…(それ、一部の人だけだから!)
あとさ、なんで彼だけロープ降下なの??飛び降りれるんじゃ…って高さからも、彼だけ頑にロープで!!ロープに拘りを感じたよ。

更に恵まれないコスチュームつながりで、ロキ君。普通の時はとってもかっこ良いのに、あのコスチュームに変身?すると、途端にネタ色が濃くなる。
トニー@アイアンマンか誰かにトナカイ野郎とか言われてたし。確かにっっ!!でも、イケメンではあるよね。

最早まっ裸なハルクは置いておいて、ブラック・ウィドウだけ反則的にかっこよすぎでしょ〜。長い髪の時も良かったけど、このミディアムな長さ、色、セクシーでいいですよね〜♪
あのロシアの倉庫?みたいな所を去る時に何てつぶやいてたのでしょう??字幕が英語でも日本語でもでなかったですね。解る人だけわかる、みたいな??

あ、ニック・フューリーも、普通にかっこいいコスチュームでしたよね。めちゃ似合いすぎ、はまりすぎ(笑)


最後に畳み掛けるように皆で協力して攻撃する流れで、この人たちあんなに反発しあってたのにいつの間にこんなコンビ技つかえるようになってたの??って感じのアイアンマンとキャプテン・アメリカの二次放射攻撃。直接アイアンマン一人で攻撃しても効果は変わらなかった気がするのですが・・・いやいやいや、きっと角度とかの問題で、ああするしかなかったからですよね??あの最強の盾に反射させることによって、パワーがアップするんですよね??無駄にチームワークをアピールする為のパフォーマンスじゃないですよねぇ??ww

っていうか、ポール・ベタニー………特徴無いよね??って思ってたけど、彼、声だけでもちゃんと彼って判るんですね。アイアンマンの時は普通にスルーしちゃってた(あはっ)


エンドクレジットPart1で登場したチタウリの生き残り?分からんけど、悪者のボスキャラみたいなの(サノス)が、どう見てもロン・パールマン(特殊メイク無し)にしか見えなかった。


シールドのメンバーが移動の時に使ってた戦闘機??話題のオスプレイも真っ青な稼働性。あれって実用機としてあるのでしょうか?なんかめっちゃ気になるんですけど~~
ほ~、クインジェットって名前なのね?プラモ欲しい♡
…な、なんかめっちゃ再現度が低いのがハズブロから出てるみたいですね…うん、これは買わなくてもいいかな。


もちろんのこと、アメコミに精通してて流れやつながりを知っていた方がより楽しめるのは確かですが、パンフレットにひと通り目を通すだけで十分な気がします。そして、その後もう一度観れば、ほら、バッチリでしょ??
このパンフ、売れる事が確定事項だからなのか、この内容でこの値段っ!!って感じでしたね〜。逆のパターン(この内容でこの値段かよっ)はよく目にしますが、これは嬉しいですね〜。予備の予備の予備くらいまでなら揃えてもダイジョウブそうですよ。ってか、もう売ってないか??


これを観た最大の目的というかなんというか、新型NSX?をじっくり観たかったのに、最後にちょこっとですか??でも、めっちゃくちゃかっこ良かったよ~♪市販展開するのかなぁ?まぁ買えんけどな。
ハルクと一緒に乗ってったってことは、彼は彼の研究所で働くのかな??
ってか、あの車が使われた最大の要因??は、アキュラのエンブレムですか??アベンジャーズのAってことで??
スタークタワー(=アベンジャーズ マンション?)も、残った『A』の文字がクローズアップされてたもんね。


エンドロール終了後の一コマがほのぼのしてて、良かったです。なに?あの和気あいあいの正反対(笑)
撮影の際、笑いをこらえるの大変だったんだろうな〜〜と。
あのド○えもんのポケットみたいなパリパリのサンド、美味しそうです!!


今ごろになって、各作品を観始めてるんですが、それぞれの作品中にこのお話につながるキーワードが散りばめられてたんですね。ってか、原作があるんだから当たり前なんですが、寄せ集めのパッチワーク的作品を予想してたので、これはとても意外でした。
ってか、私これ何回観たんだろう(笑)



参考までに、アキュラのエンブレム。(見づらいですが…)
…って、単に画像を貼りたかっただけだったりして。

006_o.jpg


nice!(12)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

BLACK HAWK DOWN [DVD]

出演:ジョシュ・ハートネット、ユアン・マクレガー、トム・サイズモア、サム・シェパード、エリック・バナ、ジェイソン・アイザックス 他
監督:リドリー・スコット
原題:BLACK HAWK DOWN
製作年:2001年
製作国:アメリカ
ジャンル:戦争/アクション/ドラマ


1993年10月3日、ソマリアの首都モガディシュで、アメリカ軍とソマリア民兵の間に起こった実際の戦闘の様子をベースに描かれています。
無駄な説明を極力省いた、直接描写で描かれた戦闘の様子は、実際の戦争を観た事のない者にとっては、とてもリアリティに溢れていると思うのですが、やはり当たり前のことですが脚色も相当あったらしいですね。

当初すぐに終わると軽く思っていた拉致作戦が、民兵の統率のとれた思わぬ反撃に遭い、激烈な市街戦に発展してしまい、右往左往するアメリカ軍の迷走ぶりを描いた作品です。
あの15時間の間に何があったのか?一体何の為に彼らは戦ったのか?





偏った情熱だけで書いた文章なので、この作品・ジャンルに興味の無い方はスルーが望ましいかと(笑)
しかも、薄い知識で書いてるので、ちょっとアラが目立つので、こちらのジャンルに強い方もスルーが望ましいかと(笑)



追記:アメリカとソマリアとの間で国交が樹立されましたね。ヒラリー国務長官も仰ってますが、これがゴールではないと思いますし、この先もまだまだ問題は出てくるのでしょうが、大きな一歩になったことは確か。
あの戦闘で失われた18名の命も、無駄にはならなかったと思いたいです。
国務長官がヒラリー・クリントンっていうのも何かの因果を感じるよね。

無駄に偏った続きはこちらから…(笑)


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。