So-net無料ブログ作成
検索選択

96時間 [DVD]

出演:リーアム・ニーソン、マギー・グレイス、リーランド・オーサー、ファムケ・ヤンセン他
監督:ピエール・モレル
製作:リュック・ベッソン
原題:TAKEN
製作年:2008年
製作国:フランス
ジャンル:アクション/サスペンス  PG12


元CIAエージェントだった父親が、フランス旅行中に人身売買組織にさらわれた娘を救うべく奔走する物語。






これ、リュック・ベッソンが監督なわけじゃないのね。監督だと思い込んでたので、ちょっとビックリ。


最初は、この覇気のないおっさんがどんな風に戦うのか、ちょっと不安だったんですけどね。
だって、娘と元妻に良いようにあしらわれてるし。
でもね、スイッチがいきなり入るんですけど、もう入った後がスゴイ。

だぶんCIAのお仕事的に忙しすぎて家庭を維持することができなかったんでしょうね。
妻は娘を連れて大富豪と再婚してるわけなんですよ。
対するリーアム演ずるブライアンは、(たぶん)そのショックからCIAの仕事を強引に?辞めて隠遁生活を送ってるんですけどね。もうアルバムを眺めるとこなんて………哀愁漂い過ぎですぜ、ダディ。後ろからきゅむっってしてあげたくなるわぁ…投げ飛ばされて頸の骨折られそうだけど(笑)

元仲間の調べで、誘拐後96時間がリミットだということを知ったブライアンは、使えるものは全て使い、娘を探し当てようとするんですけどね。
もう、深追いし過ぎて死なせちゃうとか(せっかくの手がかりを)、最高なんですけど。
手がかりが消えてしまったと思いきや、すかさず次のプランに移ってるし。さすがだねっ!元CIAのキャリアは伊達じゃないねっ!!

ってことで、芋づる式に犯行組織を辿っていくんです。下っ端から順に。なので、割とあっさりめに電話の相手を探し当てるんですけどね。彼が最終目的ではなかったですね。当たり前か、彼は単なる実行犯ですもんね。
アルバニア語の辞書は何に使うのかな?と思ったら、そういう事ね〜。
ちなみに、アルバニア語でGood luck.は、Fat të mirë. Google翻訳、なかなか使える~(笑)


リーアム・ニーソン。お師匠さまは、深みを増した渋フェイスがとても素敵で♡
ちょっと重そうな(太ってるという意味でなく、デカイから)身体でこなすアクションがなかなかパワフル。重みがあるから、一発一発のパンチが効くんですよね〜。
もちろん、CIAの現役を退いているから、非合法なことを合法には出来ないのですが(銃の持ち込みとかね)、文字通り身体を張って戦うのですよ〜〜♪特殊な武器は無くとも、特殊な技能を活かしての勝負ですね〜。

この娘役の子が、ロックアウトのヒロイン??
え…髪の毛茶色の方が似合ってていいのに。こっちの方が断然好みなんですが(聞いてないってw)

ママ役のファムケ・ヤンセンの眉毛が怖くて怖くて(笑)
続編ではどうなるの?復縁してるの?え?ブライアン、許しちゃうの?(予告編では“your mother”って言ってたから、たぶん復縁はしてないっぽいですね。)
ってか、続編の敵の息子ってどの子??沢山居たマルコのうちの一人??いやいやもっと大物だよね??じゃぁ……まままさか、あの最後にセリフ言う間もなく殺されちゃったスケベじじい??(息子にしては歳とりすぎだよ!!)

でも、今回の生き残りで誰が一番ブライアンを憎んでいるって、そりゃぁイザベルでしょ〜。ジャン=クロードの奥さんね。彼女、何も悪い事してないのに夫の秘密を知らされちゃってショックな上に撃たれちゃうし。しかも大した怪我ではない、とか言われちゃうし。(撃った張本人に)
ってことで、もしかしてリベンジでのラスボスってまさか………(笑)んなはず無いですね(笑)


お前が誰だか知らん。お前の狙いも。身代金が目的なら、カネなどない。だが、俺には非常に特殊な能力がある。長年の仕事で身につけた、お前らを震え上がらせる能力だ。娘を解放するなら見逃そう。お前を捜すことも追跡もしない。だが、解放しないなら、お前を捜し必ず見つけだす。そしてお前を殺す。

きゃ〜〜〜♡
言ってみた〜〜〜い♡
find youでkill youですからねぇ♡
カッコいいよ〜!!!



96時間 [DVD]

96時間 [DVD]




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。