So-net無料ブログ作成
検索選択

エンド オブ ホワイトハウス [映画【2013】]

出演:ジェラルド・バトラー、モーガン・フリーマン、アーロン・エッカート、アンジェラ・バセット他
監督:アントワーン・フークア 
原題:OLYMPUS HAS FALLEN
製作国:アメリカ
製作年:2013年
ジャンル:アクション/サスペンス   PG-12



独立記念日の次の日という絶妙な隙をついたタイミングでテロリストによる攻撃にさらされたホワイトハウス。その綿密に練られた作戦により、軍の到着よりも早くわずか13分で敵の手によって陥落されてしまう。
囚われの身となった大統領を始め各要人の面々。シェルターに守られたホワイトハウスは、難攻不落の要塞と化し、敵の思うがままに事態は進んでいく・・・

ホワイトハウスが攻撃される様子を、閑職のオフィスから見ていた一人の男、マイク・バニング。彼は大統領付きの元シークレットサービス。ある事故をきっかけに現場を離れざるをえなかった彼だが、日々鬱積とした想いを募らせていた彼は、今こそ自分の出番だとばかりにホワイトハウスを目指し猛進する。
フェンスを破り突入を図るテロリスト集団を後ろから次々と倒しながらホワイトハウスに到達したマイクは、敵の正体も判らぬまま、大統領を救うべく徐々にその深部に近づくが・・・





少しネタバレをしてしまうかも!!てかしてるから気をつけて。

もう敵の集団が(主に顔)ショボくて。なのにその見た目のショボさとは正反対に次々にシークレットサービスやら特殊部隊やらを倒していくんですけどね。ありえねぇ〜〜って展開で(笑)(あと、なんで韓国の女優は皆同じ顔なの?って今更&NGな事を思いながらw)
我らがジェラルドが最後にはあのキモワル軍団を叩きのめしてくれるのよね??そうだよね??な期待をたっぷり込めて観ましたっ☆
(以下、更にネタバレ注意)



なんか敵のショボさの割に(人数だけはやたらめったら多かったかも。なんかワラワラと虫みたいに涌いて出てたイメージ)、簡単にホワイトハウス制圧されちゃったんですけどね。やけにあっさりと。まぁ内通者も居たからすんなりと事が運んで当然なのかもしれないけど。
敵側は少々の被害は気にも留めず、シークレットサービスやら普通の職員やらを手当たり次第無慈悲に惨殺していくんですけどね。現実感がとてもとても薄いので(笑)逆にこれから始まる反撃に期待は高まるわけですよ〜。ジョン・マクレーンよりも説得力ありますから(笑)偶然巻き込まれるんじゃなくって、危機に自ら飛び込んで行ってるわけだし。
怒りに燃えてるジェラルド(マイク・バニング)は、ものすごく強いよっ!!!!しかも、敵に容赦は無用とばかりに暴れ回ります。そうそう、情けなんてかけないでオッケーよ♪ガッツリやっちゃって下さいっっ!!!!
もう、ほとんど弾に当たることもなく、ってか一発も当たらなかったかも??期待通りに敵をガッツリなぎ倒してくれます!!
色々と我慢した分、ジェラルドの無敵っぷりと終盤からの展開には胸がスカッとします。

これ、女性も強い。
アンジェラ・バセット演ずるシークレットサービス長官は、もうその存在感だけで強いし、メリッサ・レオ演ずる国防長官は自分の信念を貫きとおし、執拗な暴力にも屈しなかったし。つ…強い。(あのシーンは最悪でした)

大統領役はアーロン・エッカートなのですが、最初ぜんぜん判らなかった〜〜。でも、敵に囚われてからはいつもの彼でしたけど(笑)
モーガン・フリーマンがこれまたいい。彼ぐらいの重みのある役者が演じないと、あの役はダメだったよね、って思わせる絶妙な配役。一筋縄でいかなそうな頑固な下院議長をその存在感だけで見事に演じていました〜。

ジェラルドがシークレットサービスを辞めるきっかけになったあの事故は、単純に不幸な事故だったの??あれも実はしくまれててその後の事件の伏線になる……って思いながら観てたのですが、その後その事故そのものに対する言及がなかったので、あれは単なる不幸な出来事だったってことなんでしょうね。


あのキウィコード………じゃなくって何コードでしたっけ??米軍の防御システムを全て無効にしてしまう、3人に与えられてるコード。あれさ、大統領によっては覚えられない人とか………出てこないのかな?(んなわけない)
とっさに『ハッシュタグ』と言われてジェラルドが戸惑ったように、私も言われてピンと来なかったのですが(恥)、シフト+3って………#・・・だったのね。(読み方、シャープか井桁だと思ってたww)
*ケルベロスコードだそうです。惜しいっw


これ、毎度のことながら、邦題が哀しい。まぁね、原題のオリンポスは隠語なのでしょうから日本人が聴いても一発で理解できないとは思いますが。題名から内容を推測出来た方がマーケティング的に有利なのかもしれないけど、あからさまにヘンな邦題を付けるよりも、観終わった後にあ〜なるほど〜〜ってなるような感じの方がいいんじゃないかなぁと。まぁそれだと客の入りが全然変わってきちゃうのかもしれないですが。
配布用ちらしの『生きて帰ってくるーー』。これもなんか違う気がする・・・


敵がアジアの某国なのですが………トップはノースなお国の人って設定みたいですが、現在はサウスなお国の政府関係の要人警護を担う職のトップになりきっているって設定で。………あわわわわ……どっちも嫌いなの??(笑)
セリフで日本海(域)って言わしてたし。
ってか、このテロリストのリーダー、カンを演じた方、よく知らないのですが、、、なんかどう見てもなかやまきんにくん激似!!


公式HP→ ココ
6月8日より全国公開です。
DVDで観てもまぁ楽しめると思いますが、劇場で迫力満点で観た方がいいかな??でも……大画面でジェラルドは良いけど、・・・あはははは………



『WHAT ABOUT NOW』/ BON JOVI [CD(とか、音楽関係)]



何かと浮き沈みの激しい人生。というか、沈んでばかりだな。
小さな不幸が積み重なり、何一つ自分の想い通りに運ぶ事の無い日々。救いを求めても差しのべられた手ははじかれてばかり。仕舞いには手をのばす力もついえて……
そんな私にストレートに元気をくれる。
背中を容赦なくバシバシ叩いて、さぁ前を向けよっ!!ってさわやかな笑顔+キラッと光る白い歯で励ましてくれる姿が容易に想像できてしまう曲。それが『BECAUSE WE CAN』だ。
(笑)
って前置きイタい……(笑)

最近のBON JOVIはこんな感じの心を沸き立たせてくれる系の曲が多いね〜〜。
元気を出したい人におすすめです。(勿論、いつも元気な人にもね☆)


Because We Canでがっつりと持ち上げた後で、I'm With Youではしっとりと聴かせてくれる…そしてタイトル曲でもあるWhat About Nowでまたまた持ち上げられて………うん。忙しい(笑)そしてそれは最後まで繰り返されるの。

これ、ボーナストラックの中の2曲がジョン・ボン・ジョヴィ名義だからなのか、iTunesが別の場所に置くの……アーティスト順にしてるからかなぁ……不便だ。って、ちょっ……最後の曲も別の場所に飛ばされてるよっ!!…って、最後の曲はギタリストのRichie Samboraのソロ曲なのね〜。彼の2012年発表のソロアルバム『Aftermath of the Lowdown』に収録されてるみたいです。


収録曲は
1.BECAUSE WE CAN
2.I'M WITH YOU
3.WHAT ABOUT NOW
4.PICTURES OF YOU
5.AMEN
6.THAT'S WHAT THE WATER MADE ME
7.WHAT'S LEFT OF ME
8.ARMY OF ONE
9.THICK AS THIEVES
10.BEAUTIFUL WORLD
11.ROOM AT THE END OF THE WORLD
12.THE FIGHTER

BONUS TRACKS
13.WITH THESE TWO HANDS
14.INTO THE ECHO
15.NOT RUNNING ANYMORE
16.OLD HABITS DIE HARD
17.EVERY ROAD LEADS HOME TO YOU








最近よく聴くこちら、FUN.のNateがフューチャリングしてるバージョンはCD収録はされてないの??
日本のiTunesでは取り扱ってないっぽいですね。じゃぁ輸入盤を買えばオッケーなのかな??確実なのは、US版のiTunesで買うことですけどね。向こう用のiTunesカード、買おうかな。
とにかく、これはすれ違う両者の想いを歌った歌なのですが、歌詞がとても良い。とくに、Nateのパート。
ミュージックビデオはとても濃ゆいけどね(笑)
*歌詞・対訳は検索してくださいねっ☆






タグ:洋楽 Bon Jovi

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。