So-net無料ブログ作成
踏み絵 ブログトップ

ドグマ [踏み絵]

アラン・リックマンを愛する者の踏み絵???Meridianさんからの紹介です。

出演:ベン・アフレック、マット・デイモン、リンダ・フィオレンティーノ、サルマ・ハエック他

監督:ケヴィン・スミス

原題:DOGMA                           1999年 アメリカ

天使映画です。踏み絵にぴったり。ベースがキリスト教の世界なので、そちらの知識が存分にあった方が解り易いとは思いますが・・・でも、これを観ることによって、余分な余計な知識は得られますね。

イエスが地上をふらふらしてる時に何者かに襲われ、その力を封印させられてしまい、にわかに天上世界は色めきたつ。
そんな折、カソリック教会が人気復活を狙い『お赦しキャンペーン』を行うことに。ニュージャージーにあるその教会のアーチをくぐるだけで全ての罪が赦されるというものだ。これに反応したのは、はるか昔に天上から追放された堕天使のロキとバートルビーだ。
一度追放した者を赦したとあってはイエスの沽券に係わるので、何としても彼らを阻止せねばならない。しかも彼らが門をくぐってしまったら、様々な宗教的理由により世界が崩壊してしまうのです。なんとかせねばならないのに、肝心のイエスは最前の理由で頼りにできない。そこで天使達が選んだのは、イエスの末裔。

その末裔のもとへメタトロンが遣わされる。末裔の名前はべサニー。中絶専門の婦人科クリニックの女医さんである。彼女に本当の事(イエスの末裔であること)を告げずになんとか使命を果たしてもらおうと、口八丁手八丁で説得するメタトロン。
最初は信じられない彼女もなんとか自分のやるべきことを理解しようとするのだけど、どうにも受け入れがたい話ではある。
彼女を助ける預言者という触れ込みのジェイとサイレント・ボブ、そこにアートの女神やなにやらわからない者たちが集まってきて、さあ大変。そこに地獄に堕とされた天使も加わって、地上はとんでもないことに。


天使・・・および遣いの皆様、空からぼとっと降って来るんですが・・・(笑)

アラン演ずる『メタトロン』は、聞こえは臭そうな化学物質みたいですが、神の言葉を代弁する天使さまです。天使でも最上級の熾天使(セラフィム)なのに、登場のシーンが最高!!燃え盛る炎の中から現れるのですが、驚いた人間が消火器を吹きかけて炎を消してしまうんです!!ゲホゲホ言いながら登場することになってしまう。
酒好きなのだが、ロキ&バートルビーが神に逆らう原因になったのが酒の飲みすぎだった為に、それ以後天使は飲酒禁止に。なのでテキーラを注文するも、飲み込むことは出来ずに、しぶしぶ吐き出してます。
それにしても、マラカスが似合う~~~。

マット・デイモン&ベン・アフレックの仲良しさんも出てます。それぞれ堕天使のロキ&バートルビー役。ウィスコンシン州に追放されたという設定です。何故にウィスコンシン??元々ロキは死の天使(処刑担当)だったため、罪を犯してる人をみると耐え切れずに天罰を加えてしまうんです。だから彼が現れる所、血が流されます。バートルビーは最初はそんなロキに反対するのですが、最後は立場逆転、無残にも大量殺戮をやってのけちゃいます。ぶち切れちゃいます。悪です!!!
まっとでいも~ん、若いっ!!!

イエスの末裔ベザニーを導く2人の預言者、ジェイ&サイレント・ボブの2人。なんともいえないオーラをかもし出してる2人なのですが・・・彼らはこの監督の作品の常連さんなんだそうです。しかもどの作品でも役名は変わらずJay&Silent Bob。その上、サイレント・ボブを演ずるのは監督さん本人だし。しかもしかも、この2人を主人公に据えたスピン・オフ(?)ムービーまで存在します!!!ナイスなキャラなんです。

芸術の女神役はサルマ・ハエック。ん~若くて色っぽくて最高ですねぇ。ちょっとセクシーな踊りもサービスしてます。

そしてなんともいえないビミョーな味付けを担当しちゃってるのが、アラニス・モリセット。歌手のですよね??最初名前を聞いたときには、別の人を想像しちゃったけど(笑)。彼女とてつもなくビッグな役をしてますねぇ。しかも、必殺技のゴッドボイス(笑)で悪者を退治というか・・・お仕置き?しちゃうし。こりゃすごい。

う○この化け物??も出てきます。便器から湧き上がるのですが、この質感というかなんというかがもう本物に近くって(笑)最高にぐぇ~~っときます。なので食事中・食直後には向きません。

とにかく、すごく面白い作品でした。踏み絵は軽くクリア♪
アランは何を演じても素敵なのでした。
宗教の教義(ドグマ)をテーマにした作品の為、アメリカで上映の際に反対運動みたいなのが起こったらしいです。


nice!(0)  コメント(20)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

ラスベガスをやっつけろ [踏み絵]

世のジョニー・デップファンの皆さんはもうご覧になられたでしょうか?この作品。彼はどの作品でも「飛んで」ますが、これはある意味ものすごく正反対方向に飛んじゃってます。心してご覧あそばせ。ベニチオ・デル・トロも飛んでますよ。彼の場合体型が(笑)・・・・ん~、でも今とそれほど変わってなく感じるのですがー・・・・。とにかく、2人のファンには避けて通ることの出来ない、格好の踏み絵作品となっております。(っていうか、私がMeridianさんから『ベニチオ好きを名乗るならば、これを観てからにしなさい』との踏み絵指令を受けたのですが(笑))

出演:ジョニー・デップ、ベニチオ・デル・トロ、クリスティーナ・リッチ、トビー・マグワイア他

監督:テリー・ギリアム

原題:Fear and Loathing in Las Vegas             1998年 アメリカ

多種多様な薬でラリってる2人の男が、ラスベガスで行われるバイクのレース取材にかこつけ、大暴れというかー・・・はちゃめちゃな事をしでかすというストーリー。っていうか、ストーリーなんてないんじゃないかなぁ???

デューク(ジョニー)とゴンゾー(ベニチオ)の2人は砂漠地帯を一路ラスベガスに向かってオープンカーを走らせていた。荷物はてんこ盛りの薬各種。しらふになる暇もない位次々に色んな薬を摂取し続ける2人は、とってもデンジャラス。途中で拾ったヒッチハイカーの青年(トビー・マグワイア)は、トンデモナイ2人にチビリそうになりつつ、隙を見て逃げ出す始末。で、なんとかラスベガスに着いた2人は、早速仕事の取材もそっちのけで、ホテルで街で大暴れを始めるのですがー・・・・・

トリップに次ぐトリップ描写の連続で(笑)これ、いいのか??『ハイになる』とかって表現をよく聴きますが、これハイっていうレベルを凌駕しちゃってます。もう飛びすぎっ。

これは、1971年に発表された、伝説のジャーナリスト「ハンター・S・トンプソン」の同名原作を映画化したものです。スポーツ記者のラウル・デュークとサモア人で弁護士のドクター・ゴンゾーの2人の大暴れの様子を描いたものです。劇中で、『記者と弁護士』って言ってましたが、まさか本当にそういう設定だとは思えなかった。経歴詐称してるのかと思って観てました(笑)。

これ、頭に残ってるのは、ジョニーのハゲ頭ベニチオのハラ。もう、とにかくスゴイ。これ観てください。もう最高ですから。違う意味で、この2人大好きになりますよ~。

ベニチオはゲロゲロと吐きまくるのですが・・・もう最高にきちゃにゃい・・・しかも、ブリーフ(笑)なんだもんー。もうスゴスギ。ジョニーなんて、坂田利夫みたいな歩き方してるしっ(手の振りとかがそっくり!!)。映像的に、とーってもきちゃにゃい系が続々出てくるので、潔癖症の方には不向きかも。観てるだけで鳥肌が立つ映像です。もう、汚しまくってます→なにもかも。

エーテルでヘロヘロにラリってる2人が、サーカスを観に歩いてゆく姿が面白すぎです。

これ、音楽担当してるのが、レイ・クーパーと布袋寅泰です。うわ、知らなかった~。

だいたい、この作品がぶっ飛んでるってことは、監督の名を目にした時点で明らかなんですよねぇ~。まぁとにかく、おすすめしときます。

ラスベガスをやっつけろ

ラスベガスをやっつけろ

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日: 2000/06/23
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(24)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画
踏み絵 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。