So-net無料ブログ作成

デセプション・ポイント -ダン・ブラウン- [本・海外]

デセプション・ポイント 上・下       ダン・ブラウン著 

角川書店 2005年4月発行  

今回のは、ロバート・ラングドンのシリーズじゃなくて、国の機関に勤める女性が主人公のお話です。

NASAが極地の棚氷の下から発見した、地球外生命体のはっきりとした痕跡が残る隕石をめぐり、繰り広げられる情報操作。次期大統領選も絡み、しかもその対立候補として急進しているのが、主人公レイチェルの父であることから、彼女も陰謀の果てしない渦に飲み込まれてゆき、命の危険にまでさらされる事に・・・・・

ダン・ブラウン氏の書く物語、これまで出てる2作品共、上・下巻の2冊組みなのですが、細かく分かれているために、思っていたよりも早く読み進める事ができます。それはどの作品に対しても言えます。とても読みやすい書き方をしてますね。そこも巧いな~と唸っちゃう所なんですけどね。

天使と悪魔、そしてダ・ヴィンチ・コードときて、次も共通の主人公の活躍を見たかったのですが、それはもうしばらく待たないといけないみたいです。

最初の頃は、読みやすいといってもそれほどの動きが無い為に、ちょっと退屈気味になるのですが、中盤を過ぎたあたり、死んじゃいやだと思ってた人と、死んでほしいと思ってた人の立場が逆転するあたりで、パっとひらけて、ぐいぐい物語の中に惹きこまれてゆきます。(あぁ、でも意外な人が・・・) 後半からのスパートが見事です。

途中で何度も、自分が肩入れしてる登場人物達がどうなるのか、知りたくて知りたくてしょがなくなり、大きな誘惑との戦いを強いられました。でも、今回は何度も訪れる誘惑を見事断ち切り、最後まで読みきることができました。あぁ、快感です!!!

『もうダメだー』の寸前の所で、ポンポンとリズミカルに展開していくので、ハラハラドキドキで楽しませてくれますね~。

オープンウォーターを観た後だったので、『それ』らしいシーンが別の意味で楽しめました。

それ にしても、ダン氏の専門知識の深さに、とても驚かされます。前作は宗教学。そして今回は天文物理に地球物理学。幅が広いですよね~。大好きな作家さんです!!

でも、超巨大なワラジムシって・・・・すごく抵抗があります。そして、『甲殻類は本質的には巨大な海の虫だ・・・』のくだり・・・・もっと抵抗を感じちゃいます!!

 デセプション・ポイント 上 デセプション・ポイント 下


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 2

sorako

この本、買って手元においてあるんだけど、なかなか読む時間が取れなくて。まみりんさんの記事を読んだら、早く読みたくなりました。ああ、私は誘惑に負けて結末を先に読んじゃいそうだ~。まみりんさん、よく頑張ったわ!
by sorako (2005-06-28 08:48) 

まみりん

sorakoさん、こんにちは。nice!ありがとうございます。
私も買ってからしばらくの間、机であたたまってた(?)のですが、がんばって表紙をめくりました。そしたら、この人特有の惹きこむ話術というか、筆術?で一気に読破。なので、sorakoさんも表紙をぺラっとめくってみて下さい!!
で、私はいつも『あとがき』から読んじゃう人なんですが、今回は頑張って耐えましたよ~。
by まみりん (2005-06-28 17:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。